« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月21日 (木)

ヨーロッパコノハズクが行方不明になりました

「La Risata」 のロゴのモデルである「ヨーロッパコノハズク」の雄々ちゃん。
何の前触れもなく、忽然と姿を消しました。

見かけた方、保護された方がいましたらご一報をお願い致します。
家の中をくまなく探しましたが、痕跡がない為、何かのタイミングで外に出てしまった可能性があります。拡散希望。

日時 : 2016年7月18日夜~19日明け方

場所 : 東京都練馬区石神井台8丁目付近

種類 : ヨーロッパコノハズク(保護して11年) 

特徴 : 体長15センチ、かなり小型です
      全体的に茶色でほとんど鳴きません
      保護鳥の為、足輪などありません
     夕方から夜にかけて行動します

エサ:コオロギ、ミールワーム、ピンクマウス


Photo

まるで神隠しにあったようです・・・。
いつ、どこから、どこへ行ってしまったのかも分からず、途方に暮れています。

雄々ちゃんは11年前に開けていた家の二階の窓から侵入。
カーテンレールに止まっていたところを保護しました。

保護した時は羽根はボロボロ、体はガリガリ、一時はどうなることかと思いましたが、猛禽類の情報がまだ少ない中、できる限り情報を集め、勉強し、愛情を込めてケアをしてきた結果、現在まで病気一つせず、元気いっぱいに過ごしてきました。

放浪していた時期もあるので、体力の限界がきたら人間のところに助けを求めに行くと考えられます。見かけた方、保護された方、エサのこともあるので、ご一報をお願い致します。

石神井警察署、日本野鳥の会、鳥類保護連盟、東京獣医師協会に届け済み。



Photo_2


彼らの平均年齢は15歳といわれています。
保護して11年が過ぎ、その前に放浪していた期間もあります。
もしかしたら、最後の旅に出たのかもしれません。
このところ窓から外を「じっ」と見つめていた姿が印象に残っています。

鳥類の迷子が飼い主さんのところに戻る確率は極めて低いのが現状。
できることならもう一度会って、冒険の様子を聞き、最期を看取ってあげたいと思っています。

皆さまの情報提供、お待ちしております。

La Risataオーナー 相樂 美絵

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

お気に入り

無料ブログはココログ